アトピー改善法

マグロ会議 現状維持の合意で終了

こんにちは! ニキです!

中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の年次会合が終了し、現状維持で
合意しました。


何が現状維持かと言えば、2007年度のメバチキハダ(この魚らは身近な
マグロです)の漁獲量や漁船隻数のことを指します。
今回の会合では、漁獲量削減などの具体的な規制強化には至らなかった模様。

しかし、中西部太平洋海域でのマグロ資源の悪化も可能性ありとのことで
中長期的な漁獲量を「メバチ」25%、「キハダ」10%削減を勧告されて
いたようですね。

まぁ、でも現時点で上記海域では、まだ資源の余裕があるようですし、
今回の合意もあるので値段の高騰にはスグにはならなくてよかったのでは
ないでしょうか。

それにしても近い将来、簡単には「マグロ」が食べられなくなるのは
間違いないかも知れませんね。
posted by ニキ at 06:50 | 日記